河内謙策の平和、文明、思想についての問題提起

[最新の記事から]
私が最近発信した記事です。
ご覧になられたい記事のタイトルをクリックしてください。

〇2010/06/23 安保改定50年にあたっての私の問題提起

(この論文は、安保改定50年にあたっての、私の問題提起をまとめたものです。安保改定50年にあたっての論議に一石を投じたつもりです。)

[続きを読む]

〇 2010/06/15 中国人権派弁護士にたいする支援と連帯を考える集いの御案内

(中国人権派弁護士に対する支援と連帯を訴えた日本で初めての集いです。)

[続きを読む]

〇 2010/06/12 中国人権情報(2)

(中国人権派弁護士唐吉田らの処罰問題の背景が分かる資料を訳出しました。)

[続きを読む]

〇 2010/06/06 弁護士の役割に関する基本原則

(弁護士に対する国際的基準がよく分かる、国連の決議を訳出しました。)

[続きを読む]

〇 2010/06/06 中国人権情報(1)

(中国人権派弁護士に対する迫害と抑圧を告発するシリーズの第1回目です。)

[続きを読む]

○2010/06/07 紀碩銘、河内謙策訳「中国の人権派弁護士に対する攻撃の実態」

(この論文は、中国人権派弁護士に対する中国政府の攻撃・抑圧の実態を余すところ無く明らかにしています。このような全面的な分析は本邦では初めてです。)

[続きを読む]

○2010/05/07 参議院選挙についての公開討論会

("平和への結集をめざす市民の風"が5月14日に行った参議院選挙についての公開討論会の案内です。)

[続きを読む]

○2010/04/29 対米交渉に関する提言

(いわゆる普天間問題につき、日本の政府がSACOの一部見直しを申し入れるべきだ、という提言です。大衆運動と国際政治の関係という興味深い論点も定期されています。)

[続きを読む]

○2010/04/25 アジアを考えるための本

(「アジアを考えるための本」は2008年1月以来のシリーズもので、今回は浜矩子氏の『ユーロが世界経済』を消滅させる日などをとりあげています。いわゆるギリシャ危機を先取りして論じることになりました。)

[続きを読む]