アジアを考えるための本(5)

 河内謙策と申します。(この情報を重複して受取った方は、失礼をお許し下さい。転送・転載は自由です。)
 平和勢力・平和運動内のアジアについての議論の活発化を願って、私が読んで面白かった本を独断的に紹介させていただいております。

 さて、最近のアジア情勢を考える上で重要なのは、アメリカの動向でしょう。
*日高義樹『アメリカの狂乱 次の大統領は誰か』徳間書店
 これを読めば、アメリカの予想外の衰退が分かりますが、国際経済の視点から面白く分析しているのが、以下の本です。
*田村秀男『経済で読む「日・米・中」関係』扶桑社新書
次に、最近の中国を分析した本を何冊かあげてみます。
*清水美和『中国問題の内幕』ちくま新書
*宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる?』並木書房
*日下公人・西平『中国の崩壊が始まった』ワック
*青山繁晴『日中の興亡』PHP研究所
*『撃論MOOK 中国が崩壊する日』オークラ出版
*原作・兵頭二十八、作画・倉橋光男ほか『2011年日中開戦』株式会社マガジン・マガジン
*長谷川慶太郎『中国大乱を乗り切る日本の針路』KKベストセラーズ
*ビル・エモット『アジア三国志』日本経済新聞社
 以上の本の「多数」は、北京オリンピック後の中国崩壊を予想しています。また、まだ本の形になっていないようですが、従来、「親中派」と言われていた人からの“反撃”も始まっています。興味ある方は、『論座』『中央公論』の座談会や諸論文を読んでみて下さい。
 夏なので、固いものはどうも、という方には、以下の戦争体験記と小説をお勧めします。
*川崎春彦『日中戦争一兵士の証言』光人社NF文庫
*真山仁『ベイジン』上・下 東洋経済新報社
私は、日本については、本当によく分かりませんが、以下の本をお勧めします。
とくに、榊原氏が伝統の再評価を志向していることは興味ぶかいことです。
*渡辺利夫『新脱亜論』文春新書
*榊原英資『没落からの逆転』中央公論新社

河内謙策

 

Kensaku Kawauchi
  Home:(Tel)+81-49-254-1804 (Fax)+81-49-254-1801
  Office:(Tel)+81-3-5978-3784 (Fax)+81-3-5978-3706
  email: kenkawauchi@nify.com